スピリチュアル ブログ 知恵

喪中に神社へ行っても大丈夫?いつからなら参拝しても良いのか

2021年4月12日

喪中は神社に行ってはいけない・四十九日は参拝を控えるというのを聞いたことがあると思います。

実際のところ、いつから神社に行ってよいのか迷いますよね。

参拝を控える期間は地域や宗派でも違いがあるようですが、私の個人的な考えとしては【忌中以降で悲しみが癒えたら参拝しても良い】

では喪中と忌中の違いや死は穢れ?について紹介していきますね。

 

喪中と忌中の違い

 

喪中とは、故人が亡くなってから約一年(13ケ月)のこと。

喪中の間は、お祝い事を控えて故人の死を悼(いた)み、悲しみから立ち直るための期間です。

 

一般的な喪中は約一年ですが、父母・配偶者・子どもの場合は13ケ月。

祖父母・兄弟姉妹は、基本的に3ケ月です。

しかし、祖父母・兄弟姉妹と一緒に暮らしていたり、関わりが深かった場合は喪中を13ケ月にするのも良いでしょう。

義父母の場合も最低3ヶ月は参拝を控えたいですね。

自分の親の時は13ケ月の喪中で義父母だと喪中関係なく参拝するのは、人にもよりますがパートナーへの配慮が欠けると捉えられるかも...

相手にもよるのですが、もし喪中・忌中期間に参拝することがあってもSNSに上げると「常識がない」と思われる可能性もあるので避けた方が良いでしょうね。

 

 

喪中は悲しみから立ち直るための期間なので規定の期間で、はい終了!と割り切れるものではありません。

思い出して涙する時があっても良いのですが、13ケ月の喪中を過ぎたら少し気持ちを切り替えていくことで少しずつ悲しみを思い出として話すことができるようになっていくでしょう。

 

次に忌中ですが、故人が亡くなってから四十九日が明けるまでの約50日間。

仏式の場合は故人の魂があの世へ旅立つ日が四十九日なので、それまでは故人のために祈ることに意識を向ける期間とされています。

そして、穢れを祓う期間でもあるので神社参拝・御祈祷・神事に関わらないというのが一般的で、地域で行われる氏神様の御祭りも含まれています。

仏式・神式・地域によって日数が変わるのですが、どの場合も3カ月で忌中が明けるので故人があの世へ旅立つのを見届けてからの参拝でも良いのではないでしょうか?

 

死は穢れ?

穢(けが)れと言うと、汚(よご)れと勘違いされる方もいるのでは?

神道の思想では死を穢れとしていますが、死を汚いものとしているのではありません。

死の穢れを他の者に移らないように、外部との接触を避けるというもの。

 

(ここからは個人的な考えです)

現代では死因は分かりますが、時代によっては何の病気かも分からなかったり、疫病のようなものだった可能性もあったのでしょう。

そういった場合に病を広めないため、外部との接触を断つための期間でもあったのではないかと思います。

 

そして穢れは、汚れではなく気枯れ(けがれ)。

悲しみによって気(エネルギー)が枯れてしまっている状態。

なぜ、あの時○○しなかったのだろう
あの時、ちゃんと伝えておけばよかったなどの後悔

生きている間にしてあげられなかった事を悔やみ、自分を責めることもあるでしょう。

後悔してもしきれず、時々どうしようもなく悲しくなってしまう状態というのは気(エネルギー)の消耗も激しく、心だけでなく身体へのダメージとなります。

悲しみの感情は肺へ・やりばのない怒りは肝臓へ・伝えられなかった言葉は喉へ・それらの感情は最後に胃で消化されてエネルギーとして体中を巡ります。

心と身体両方のエネルギーがマイナスな方向で巡っている状態で神社参拝に行くと、周囲の低級な霊につけ込まれやすくなる可能性があるのです。

せっかく参拝しても余計なものを憑けて帰ってきたのでは、気(エネルギー)が更に枯れてしまうので忌中が明けるまでは心の整理をしながら故人を見送り、悲しみを抱えながらも少しずついつもの日常に戻るためのリハビリ期間として過ごしましょう。

喪中・期中に関わらず、悲しみが強い間は神社へ行くのは控えるのがおすすめですが、どの場合にも故人に対しての想いも大切にしつつ残された人が悲しみを乗り越えて生きていくための期間なので、必ずそうしなければならないものではないと思っています。

 

スピリチュアル 人間関係 開運

2022/3/13

縁切り神社・安井金毘羅宮は怖いから行かない方が良い?安全な参拝方法と心得

縁切り神社として有名な、京都の安井金毘羅宮さん。 怨霊を神様として祀っているので行かない方が良い・怖い場所とも言われていますが安全に縁切りをするための参拝方法があります。 では、安井金毘羅宮さんが怖いと言われる理由なども含め、書きますね。   安井金毘羅宮に祀られている神様 安井金毘羅宮さんに祀られているのは、三歳で第75代天皇となった崇徳天皇。 祟り神・怨霊になったと考えられる出来事は、鳥羽上皇などに呪詛の疑いをかけられ目の敵にされていた事に加え、配流後に完成させた写本を京都のお寺に納めてほし ...

ReadMore

スピリチュアル 知恵 開運

2022/1/29

運命は変えられる!【運を上げる6つの方法】運気の悪い時こそ試してください

運命と宿命は別のもの。 宿命は変えられませんが、運命(運)は変えることができます。 では宿命と運命の違いですが、宿命は生まれた時に自分の意思に関係なく決まっているもので性別・親・生年月日・国など。 自分の努力では変えられない部分が宿命です。   次に運命は意志に関わらず、人生の中で訪れる吉凶。 これは自分の言動や努力で変えられます。 たとえ運気が下がっていても、運が悪いと感じることが続いていても、変えられると信じて行動することが大切なのです。 でも何をすれば良いのか? 運を変える方法を紹介します ...

ReadMore

スピリチュアル 金運アップ 開運

2022/1/23

最強開運日はいつ?2022年開運・吉日カレンダー

最善の日に行動したい時・先の予定を立てる時に暦の吉日を参考にすると、時の運のサポートがあるので努力にプラスアルファの良い展開が期待できます。 何もしなくても良い結果が得られる日というわけではありませんが、せっかく行動・計画するなら努力が報われやすい日にしたいですよね。 でも、吉日で一番良い日や、何に適しているのかを調べるのは大変だと思うので、取り入れていただきたい吉日だけを選んでみました。   もちろんご自身で調べたり、必要だと思う吉日を付け足していただいても良いですね。   &nbs ...

ReadMore

スピリチュアル 金運アップ 開運

2022/1/21

護符の扱い方と処分方法

護符は、人知を超えた天界からの贈り物 昔から人は行き詰ったり、強く願う事があると神仏様にお願いしてきたように、目で見ることも耳で聞くことも、手で触れることもできないけれど私たちの人生に作用する人知を超えた大きな存在があることを感覚で知っています。 しかし神仏様に感通する方法を知らなければその願いが聞き届けられるとは限らないため、神仏様の御加護を文様化して宇宙の神秘的な力に感応させて、あなたの願いを神仏様へ届けて具現化する導きとなるのが護符です。   人は宇宙の縮図であり、偉大なる宇宙の一部として ...

ReadMore

スピリチュアル 知恵 開運

2022/3/13

おみくじの引き方・自分に必要なメッセージ(ご神託)を受け取る方法

おみくじを引く時、なにを考えながら引いていますか? 左手と右手、どちらの手で引いていますか? おみくじは神様からのメッセージ(ご神託) 自分だけのメッセージをしっかりと的確に受け取るための方法を紹介しますね。   ご神託を受け取るための、おみくじの引き方 まずはご挨拶が先なので、おみくじを引くのは参拝が終わってからです。   ①何に対してのメッセージやアドバイスが欲しいのかを明確にする。 ②心の中で、明確にした想いを唱えながらおみくじを引く。 ③おみくじを開いて見る前に一旦、目を閉じる ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

桂川ゆり子

レイキ伝授とヒーリングセッションで悩みや不安を希望に変えて、開運に導くスピリチュアルヒーラー 見えない世界の影響を現実に落とし込み、未来への確かな歩みへと導く知恵としてのスピリチュアルをお届けしています。

-スピリチュアル, ブログ, 知恵

© 2022 スピリチュアルヒーラー 桂川ゆり子