スピリチュアル ブログ

スピリチュアルハラスメントに気をつけて!

パワハラ・モラハラ・セクハラなどの言葉が一般的ですが、スピリチュアル系のことで相手を傷つける・考えを押し付ける・不安に陥れることをスピリチュアルハラスメント(スピハラ)と言います。

 

頼んでもいないのに・お金を払ってセッションを受けたわけではないというレベルのものから、講座やセッション等で思考や行動をコントロールする類の事もスピリチュアルハラスメントに含まれています。

目には見えないモノや世界が視えるという特別なチカラを持っているのなら、それを正しく使うための知識やモラルが必要なのですが自己顕示欲や承認欲求のために力を使っている人もいるので注意が必要です。

 

 

スピリチュアルハラスメントの具体的な例として

☑○○であるべきという考えを押し付ける

☑ポジティブでいなければならないと言う

☑波動が低い人とは付き合わないと言う

☑次元が違うから話が合わないと言う

☑霊が憑いていると言う

☑勝手に潜在意識を探る

☑神様が○○しなさいと言っている

☑○○しないと不幸になると言う

☑頼んでもいないのに使命や過去世を伝えてくる

☑頼んでもいないのに神様(龍神様など)を憑けてあげると言う

自分は神様の生まれ変わりだと言う

 

 

スピリチュアルハラスメントだという認識がない

目には見えないものが視える人を特別だと感じるのは問題ないのですが、どんな場合にも相手が人間であることを忘れてはいけません。

人以上のチカラを持っていたとしても人であるという自覚を持たず、力を誇示する人の言う事を信じないようにしましょう。

日常の会話の中で何気ない相談事をしてアドバイスしてもらうことはあると思いますが、度を超えたもの・内面を勝手に視るのはマナー違反。

良かれと思っていたとしても相手の承諾なしに視てはいけないし、万が一視えてしまったとしても相手に伝えてはいけないものなのです。

 

視る側・視られる側どちらもスピリチュアルハラスメントだという認識がない場合もありますが、視てもらえてラッキーだと思って話を鵜呑みにするとコントロールが強くなっているのに気づかないまま依存させられてしまうことがあるので注意してくださいね。

 

もし違和感があるなら

不快感・不安・恐怖・違和感を感じたら、なるべく接触しないようにして言われたことは聞き流すのが一番です。

どうしても会わなければならない場面があれば、相手に対して心を開かないようにしましょう。

胸の前で扉を閉める(鍵も閉める)・ガラスの壁で遮断するイメージをするのも良いですね。

 

話がスピリチュアル寄りになってきたら話題を変えたり、変だと思う事はハッキリ伝えることが大切です。

「それは、どこからのメッセージ?」

「誰が言っている事?」

「勝手に繋がらないでほしい」

 

本当の友達・あなたの事を親身になって考えてくれる人なら、きっと気づいてくれるでしょう。

そこで怒り出すなら、それを理由に会わない口実にもなります。

 

たとえ視えたとしても本人の了承がなければ、視なかったふり・気づかないふりをして他の人に内容を話さないと言うのが鉄則なのです。

 

 

高次元や潜在意識からのメッセージとは

メッセージを受け取る人の事をチャネラー・メッセージを受け取る行為をチャネリングと呼びますが、誰にでも繋がることができる潜在意識と特別な能力で繋がることのできる領域の二種類があります。

ひとことで高次元と言っても、私たちが生きている三次元の上には四次元~七次元まであり、どの階層の誰にチャンネルを合わせてメッセージを受け取っているのかが明確でない場合は、低級霊によるなりすましも考えられます。

本当の高次元や潜在意識からのメッセージの場合、思考や行動にダメ出しや制限・命令・コントロールするようなことは言いません。

 

最終的な決断は本人の自由意志に任されています。

どんな選択をしても、同じ失敗を繰り返したとしても気づきと学びを与えてくれるのみなのです。

ふと感じた違和感などが潜在意識からの注意を促すメッセージなので、自分の感覚を信じて判断してくださいね。

 

レイキ伝授とヒーリングセッションで不安や悩みを希望に変えて、開運に導くスピリチュアルヒーラー・桂川ゆり子

スピリチュアル ブログ 知恵

2021/4/17

家に神棚がない!神棚は必要?

家に神棚がない! 神棚はあった方が良いのか?   結論から言うと神棚がなくても困ることはありませんが、神棚があっても残念なお祀りをするぐらいなら神棚はないほうがマシです。   困ることがあるとしたら、お札はあるのに神棚がない場合でしょうか。     神棚もお札もないのはバチあたり?   神棚は神様を自宅にお祀りするためのものですが、神様を信じていない・神社には行かないというわけではないけれど、家でお祀りすることに抵抗のある方もいらっしゃいます。 &nbsp ...

ReadMore

スピリチュアル ブログ 知恵

2021/4/11

喪中の神社参拝はNG?いつまで控えればよいのか

喪中は神社に行ってはいけない・四十九日は参拝を控えるというのを聞いたことがあると思います。 実際のところ、いつから神社に行ってよいのか迷いますよね。 参拝を控える期間は地域や宗派でも違いがあるようですが、私の個人的な考えとしては【忌中以降で悲しみが癒えたら参拝しても良い】 では喪中と忌中の違い・死は穢れ?について   喪中と忌中の違い   喪中とは、故人が亡くなってから約一年(13ケ月)のこと。 喪中の間は、お祝い事を控えて故人の死を悼(いた)み、悲しみから立ち直るための期間です。 & ...

ReadMore

スピリチュアル ブログ 人間関係

2021/4/9

友達の誘いを断る3つの方法

お誘いを受けたけれど、あまり行きたくない・気が乗らない時、どうしていますか? 我慢して行く 口実をつくって断る どちらにしても気が進まないですよね。   相手を傷つけずに機嫌も損ねない、そして自分も嘘をつかなくてよい方法があればと考えて、返事を先延ばしにしてしまいがち。   もう二度と誘われなくなっても良い・関係が悪くなっても良いと思える相手なら遠慮せずに断れますが、関係を壊したくない・明確な理由がない場合の断り方を紹介しますね。   ・断る口実と注意点 ・気乗りしない状態の ...

ReadMore

スピリチュアル ブログ

2021/3/30

直感の当たる確率は90%!ひらめきとの違い・見分け方

直感とは感覚的に物事を感じる取るもので、一般的に勘と言われているものと同じ。   2011年にイスラエルのテルアビブ大学でおこなわれた研究によると人間の直感は90%の確率で的中し、正しい判断を下す時には直感を信じるべきなのかもしれないと発表されたそうです。   直感が90%の確率で当たるという研究結果が出ているのに、なぜかいつも直感が外れるということもあるでしょう。 その場合、最初に感じたことをそのまま実行していないのでは? 欲やエゴ・思考が混じって、最初に感じたことに色付けしてしまう ...

ReadMore

ブログ メンタルヘルス 知恵

2021/3/9

先祖の祟り?霊感商法に気をつけて。高額な壺や印鑑で先祖供養はできません

目に見えない世界はありますが自分の目には見えないからといって「見える」という人の言葉を、何の疑いもなく信用してはいけません。 人の弱みにつけ込んだ霊感商法に合わないために、今まで私が実際に相談を受けた話をもとに紹介していきますね。   こんなことを言われたら注意が必要です。 先祖供養が足りていないから不幸になる・病気になる・寿命が短くなる・子宝に恵まれない。 高額な祈祷・壺・印鑑・墓石・仏像などを買って、本当に供養になると思いますか?   病気や寿命は、見えない世界を扱う人が見てはいけ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
アバター

桂川ゆり子

レイキ伝授とヒーリングセッションで悩みや不安を希望に変えて、開運に導くスピリチュアルヒーラー 見えない世界の影響を現実に落とし込み、未来への確かな歩みへと導く知恵としてのスピリチュアルをお届けしています。

-スピリチュアル, ブログ

© 2021 スピリチュアルヒーラー 桂川ゆり子