スピリチュアル ブログ

オラクルカードの選び方と処分方法

だれでも簡単に啓示や神託を受け取ることのできるオラクルカード。

書店のカードコーナーやネットで見かけたことはあるけれど、種類が多すぎてどれを選んだら良いのか分からない・処分の仕方が分からないという方の参考になればと思います。

 

オラクルカードとは

オラクルは啓示神託という意味で、神様など高次元の存在から人に教え示す言葉やメッセージのこと。

その啓示や神託を絵にしたカードをオラクルカードと呼ぶのですが、もともとは書物占いという、意図せず開いたページの中から無作為に選ばれた行や節で占う方法の簡略化されたもので、絵の描かれたカードを使うことで誰にでも簡単に占えるので、スピリチュアルに関する知識や特別な能力がなくても扱う事ができるのが特徴です。

神様・天使・女神・妖精・精霊・動物・風景・草花・パワーストーン・龍神様などモチーフとなる種類が多く正確な数は分かっていませんが、その数は3000以上言われています。

 

オラクルカードの選び方

実際に全ての絵柄を見て購入する方が安心できるのですが、一部しか見る事がてきない事も多いので選ぶ際のポイントを知っておくと、迷う時間を短縮できます。

 

選び方は直感を信じることが大切!

なんとなく気になる・好きなモチーフが描かれている・色合いが好きなど、惹かれると感じるものを選びましょう。

 

多くの方は、その直感が分からないから迷うと考えがちですが、すでにオラクルカードに興味を持った時点で直感がはたらいているのです。

選んだカードの中に、あまり気に入らない絵柄があったとしても気にしないでください。

もしかすると、苦手な絵柄のカードに含まれている意味やメッセージに対して、潜在意識レベルでの抵抗があるのかも。

箱の表面に描かれている絵柄は実際、中に含まれているカードの一部なので色合いや絵のタッチなどの参考にすると良いでしょう。

 

 

ネットでの購入でよくあることですが、気に入ったものが2~3種類あった時に価格で決めるのはやめましょう。

本当はこっちの方が好きだけど、あっちの方が200円安いから...という理由で決めないように。

僅かな金額の差で妥協すると、ほかの場面でも選択を間違う事が多くなるので気をつけてくださいね。

あなたが本当に欲しいと思った物・気に入った物を選びましょう。

 

オラクルカードの処分方法

気に入って購入したけれど最近、あまり使わなくなった・興味がなくなったということもあるでしょう。

啓示や神託を受け取らずとも、自分の直感を信じることができるようになってきたのかもしれませんね。

 

では、具体的にどのように処分すれば良いのか?

 

ゴミとして処分する

オラクルカードは啓示や神託を受け取るためのツール(物)なので、カード自体に神様が宿っているわけではありません。

カードというツール(物)であるとはいえ、雑に扱ったり床に置くのは避けていただきたいのですが、捨てたからといって呪われたりバチがあたることはありません。

さすがに生ゴミと一緒に捨てるのは気が引けるので、捨てる前に感謝や浄化をすると良いでしょう。

「今までありがとう」という言葉とともにセージやお香の煙にかざしたり、ひとつまみの粗塩を振りかけてから白い紙や半紙で包んで、地域の自治体区分に従って捨ててください。

絶対にこれでないといけない!というものではないので、物に対しての感謝と最後まで大切に扱うという心が大切です。

ご自身で別の方法が良いと感じたなら、他の方法で処分してくださいね。

 

人に譲る

どうしても捨てられないという場合には、人に譲るという選択もあります。

使わなくなったオラクルカードの交換会・リサイクル品として販売・欲しい人にあげるなど、誰か必要な人がいるなら譲ったり交換すると良いでしょう。

他の人に譲る場合も、感謝と浄化をしてからお渡ししてくださいね。

 

 

神社さんでのお焚き上げというのを目にしたことがありますが、私個人としてはオススメしていません。

たいていのオラクルカードは厚みが2.5ミリほどもある丈夫な箱に入っています。
(5年ほど使っているカードでさえ箱の角はしっかりしたまま)

そしてカード自体も厚みがあって40枚ほどで約2㎝・解説本も入れた箱の厚みは約3㎝となるので燃えにくいので、神社さんのお焚き上げの規模や頻度によっては迷惑となる場合もあるだけでなく、捨てるという罪悪感から逃れるためにお焚き上げで自分の不用品を処分するのは避けたいですね。

 

御神域で護摩木や御守などと一緒に、不要となったオラクルカードをお焚き上げしてもらうという事の意味を考えてみてください。

どうしても、お焚き上げしたい場合は神社さんに問い合わせてからにしましょう。

 

 

最後に...

オラクルカードに限らず、お迎えしたものは丁寧に扱い、最後は感謝で見送ることが大切です。

 

レイキ伝授とヒーリングセッションで不安や悩みを希望に変えて、開運に導くスピリチュアルヒーラー・桂川ゆり子

スピリチュアル ブログ

2020/11/13

オラクルカードの選び方と処分方法

だれでも簡単に啓示や神託を受け取ることのできるオラクルカード。 書店のカードコーナーやネットで見かけたことはあるけれど、種類が多すぎてどれを選んだら良いのか分からない・処分の仕方が分からないという方の参考になればと思います。   オラクルカードとは オラクルは啓示や神託という意味で、神様など高次元の存在から人に教え示す言葉やメッセージのこと。 その啓示や神託を絵にしたカードをオラクルカードと呼ぶのですが、もともとは書物占いという、意図せず開いたページの中から無作為に選ばれた行や節で占う方法の簡略 ...

ReadMore

スピリチュアル ブログ

2020/10/13

スピリチュアルハラスメントに気をつけて!

パワハラ・モラハラ・セクハラなどの言葉が一般的ですが、スピリチュアル系のことで相手を傷つける・考えを押し付ける・不安に陥れることをスピリチュアルハラスメント(スピハラ)と言います。   頼んでもいないのに・お金を払ってセッションを受けたわけではないというレベルのものから、講座やセッション等で思考や行動をコントロールする類の事もスピリチュアルハラスメントに含まれています。 目には見えないモノや世界が視えるという特別なチカラを持っているのなら、それを正しく使うための知識やモラルが必要なのですが自己顕 ...

ReadMore

ブログ メンタルヘルス 人間関係

2020/9/25

エンパスを活かす職種とダメージの対処法

エンパスとは高い共感力を持つ人のこと。 程度の差はありますが、5人に1人がエンパスだと言われています。 共感力の高さゆえ他者の感情だけでなく身体の不調さえも自分のことのように感じて、しんどくなって生きづらさを感じる方も多いのですが、体質・気質・個性なので活用することも出来るのです。。 エンパス体質かどうかのチェックはこちら ▼  ▼  ▼ エンパス体質チェック エンパスを活かす職種 エンパス体質の人は共感力意外に、豊かな想像力・無から有を生みだすアイデア・集中力があるので、その能力を活かすことができる職種 ...

ReadMore

スピリチュアル ブログ

2020/10/16

第三の目 横に開くか、縦に開くか

眉間あると言われている第三の目(サードアイともいう)は松果体と関係の深い場所と言われており、これを開くと第六感が冴えて、目では見えない世界を視ることができると言われています。 見るだけで開眼する動画や、聞くだけで覚醒する音楽など、少し検索すれば魅力的なものがたくさん見つかりますが、簡単に開くことができるのか?開く必要があるのか?間違った開き方をして後悔しないために、私の経験や視たものを合わせて書きますね。   第三の目 アニメなどでも見たことがあると思いますが、額の3つめの目(サードアイ)が開く ...

ReadMore

ブログ 浄化 開運

2020/10/21

火を使った2つの浄化法

護摩焚きやお焚き上げなど、火を使った浄火という方法は古くから行われていて、神聖な炎で邪気を祓うことによって天に還っていくとされています。   空間の浄化や穢れを祓う・手放したい感情の昇華方法として火を使った浄化法を2つ、ご紹介します。     キャンドル 用意するものはキャンドル(ロウソク)のみですが、燃焼時間が10分以上がオススメです。 火を使った浄化法はパワーが強いのですが、少し時間が必要なので大きめの物の方が良いでしょう。   まず、キャンドルに火を灯して、リ ...

ReadMore

-スピリチュアル, ブログ

© 2020 スピリチュアルヒーラー 桂川ゆり子