ブログ 浄化 開運

塩を使った2つの浄化法

☑部屋の空気が重く感じる
☑呼吸がしづらく感じる
☑身体が重く感じる

という事があれば、その場所・自分自身の浄化が必要なのかもしれません。

 

浄化にはいくつかの方法がありますが、手軽な方法としてオススメな塩を使った浄化法をご紹介しますね。

使用する塩はサラサラした食卓塩ではなく、ミネラルを含んだ生命の源である海の成分に近い粗塩を使います。

 

 

 

 

盛り塩・塩御守

 

小皿などに粗塩を少し山になるように盛るだけなので手軽にできる浄化法の一つです。

盛り塩用の器を使って、綺麗な形に盛るのも良いですね。

 

◇自宅の場合◇

玄関の内側・左右に盛り塩を置きます。
これは入り口に結界を張るという意味もあり、外から邪悪なものが入れなくなり、万が一家の中に邪悪なものがいた場合は外に追い出すことができます。

 

玄関以外に盛り塩を置く場合は、部屋の四隅に置いてくださいね。

角に柱が出っ張っている場合は、一番外に近い角に置くと良いでしょう。

床や棚の上など高さが違ったり、置く場所が多少ズレても大丈夫ですよ。

 

◇外出先の場合◇

普段から鞄やポケットに塩御守を入れて持ち歩いていると、邪気やネガティブなエネルギーから身を守ることが出来ます。

出張や旅行の際、宿泊先の部屋がなんとなく嫌な感じがする時にはティッシュの上に塩御守の中の塩を少しだけ乗せて玄関に盛り塩をする要領で置いたり、枕の下に塩御守を置いてください。

緊急時の対処法としてはスーパーやコンビニで粗塩を買って、塩御守と同じように使うことはできますが量は多めにしておくと良いでしょう。

 

 

 

◇盛り塩の交換の目安◇

基本的には週に一回・または二週間に一回で良いのですが、盛り塩の器に水が溜まっている・盛り塩の色がくすんで見える・塩が固くなっている場合は、大量に邪気を吸った可能性があるのですぐに取り替えましょう。

邪気を吸収した盛り塩をそのままにしておくと、マイナスエネルギーを放出するので早めに交換してくださいね。

 

 

◇盛り塩の処分方法◇

盛り塩に使った塩を食用に使ってはいけません。

邪気を吸った塩を食用に使うことは、身体の中に邪気を取りこむことになるので、もったいないからと使いまわさずに水道水で流して処分します。

土に埋めると、その場所に邪気を溜め込んでしまうので避けてくださいね。

 

 

入浴時

 

手軽に全身を浄化する場合に最適なのが塩風呂です。

 

◇塩風呂◇

お湯を張った浴槽に一掴みの粗塩を3回に分けて振り入れます。

手についた残りの塩は浴槽に払い入れても良いので、塩をしっかり溶かしてからお湯に浸かってください。

この時、時に何もする必要はありません。

イメージができるなら体の中から黒いものが流れ出すイメージをするのも良いですが、大切なのはリラックスすることです。

 

ただし、浴槽に塩を入れて追い炊きすると風呂釜を傷めることがあるので、なるべく循環させないようにして塩風呂後は風呂釜をしっかり水で流した方が良いですよ。

故障を防ぐためにバスソルトなども同じように、使用後は風呂釜をしっかり水洗いしてくださいね。

 

 

 

 

◇塩風呂のお湯の処分方法◇

追い炊きをしないようにするためには最後に入って、使用後はお湯を流すだけで大丈夫です。

浴槽も水でしっかり洗い流しておいてくださいね。

塩風呂の残り湯を洗濯に使うのは、邪気を衣類にしみ込ませてしまうのと、洗濯機の故障を防ぐためにもお勧めできません。

 

 

◇頭に盛り塩◇

風呂釜の水洗いが面倒な方・残り湯を洗濯に使いたい方は、お湯に浸かりながら頭の上に盛り塩のように乗せましょう。

塩の量は好みにもよりますが、親指・人差し指・中指の三本でひとつまみの量があれば十分です。

その後、頭からシャワーを浴びて洗い流します。

 

◇足の裏を浄化◇

不必要なエネルギーに排出し、より良いエネルギーを取り込みやすくするために、足の裏を粗塩でこすり洗いしてからお湯で流します。

頭の上に盛り塩をするのとセットで行えば、エネルギーの循環も良くなりますよ。

 

塩風呂・頭の上・足の裏の際、傷がある場合はさけてくださいね。

 

 

最後に

 

不運・不幸を遠ざけて、厄を落として浄化する簡単な方法として塩を使った浄化法をご紹介しました。

一回で終わりではなく定期的に行っていただくと、より良い状態を長く保つだけでなく新しいチカラを生み出す作用も増大するでしょう。

 

 

 

曜日を決めたり、新月・満月の時などに継続することで開運体質に変わっていくので、ぜひお試しください。

 

 

レイキ伝授とヒーリングセッションで不安や悩みを希望に変えて、開運に導くスピリチュアルヒーラー・桂川ゆり子

スピリチュアル 占い 桂川ゆり子

スピリチュアル チャネリング ブログ

2021/1/15

占いとスピリチュアルの違い

ジャンル分けではスピリチュアルと占いは同じものとして分けられることが多いようですが、基本的な定義としては別のものです。   占いとは タロット・星座・四柱推命・姓名判断・手相・数秘など、人や場所などのデータを積み重ねてきたものを統計学をとして利用し、答えを導き出すもの。   スピリチュアルとは 本来は精神性・生き方・心の在り方の智恵や考え方などを指すもの。 主にチャネリングという技術で、潜在意識や神様などの高次元・霊からの言葉をツール(物)を使わずに六感の全てを用いて、答えとなるメッセ ...

ReadMore

スピリチュアル チャネリング ブログ

2021/1/9

チャネリングとは?メッセージは誰からのもの?

チャネリングとは、私たちが存在している三次元とは別の世界の存在からメッセージを受け取る技術のこと。 神様・天使・精霊・ハイヤーセルフ・星・故人や宇宙人も含めた、主に目に見えない存在に問いかけるのですが、どこに繋がるかを決める時にラジオの周波数のようにチャンネルを合わせるため、チャネリングと呼ばれています。   ラジオを聴いていた世代の方は分かると思うのですが、きっちり合わせないと雑音や他局の声が入ってきたりしますよね。 それと似ていて、繋がる先をキチンと決めないとメッセージにノイズ(他者の想念や ...

ReadMore

スピリチュアル 知恵 開運

2020/12/30

おみくじの正しい引き方

おみくじの原型は平安時代に生まれた「歌占」 その後、明治時代になって多くの神社で独自のおみくじが作成されるようになりました。 特に初詣などで、一年の運勢を占うためにおみくじを引く方も多いと思いますが、正しい引き方と処分方法はご存知ですか?     おみくじは、ただの占いではない おみくじには神仏様の意思が介入すると考えられていて、吉凶を占うだけのものではなく、悩みなどに対してのアドバイスとなる神仏様からの御言葉をいただけるもの。 神仏様の意見を伺うことができる貴重な機会を無駄にしないた ...

ReadMore

スピリチュアル ブログ 知恵

2020/12/20

神社の手水舎が使えない時の参拝マナー

神社参拝の時に手水舎(ちょうずや・てみずや)で手と口をすすぐのは、禊を簡略化したもの。 お詣りの前には、まず身を清めるのがマナーなのですが、そもそも水が張られていない・溜まった水が澱んでいて使いたくない・コロナ感染予防として柄杓がないなど、手水舎(ちょうずや・てみずや)が使えない時の参考になれば幸いです。       手水舎が使えない時は、どうしたら良い? 手と口をすすぎ、清めた状態で参拝したいのに手水舎が使えない。 特にコロナの感染拡大を防ぐという意味で、柄杓がない神社さん ...

ReadMore

お知らせ

2020/12/24

2020年・年末年始休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。   誠に勝手ながら、桂川ゆり子オフィスは以下の期間を年末年始休業とさせていただきます。 ご迷惑をおかけしますが何卒、宜しくお願いいたします。 年末年始休業:2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)   メールでのお問合せへの返信・オンラインショップ商品の発送は4日以降となりますが、お申込みの対応は通常通りさせていただきますので、各メニューの申込みフォームよりお願いいたします。   日に日に寒さが厳しくなりま ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
アバター

桂川ゆり子

レイキ伝授とヒーリングセッションで悩みや不安を希望に変えて、開運に導くスピリチュアルヒーラー 見えない世界の影響を現実に落とし込み、未来への確かな歩みへと導く知恵としてのスピリチュアルをお届けしています。

-ブログ, 浄化, 開運

© 2021 スピリチュアルヒーラー 桂川ゆり子