スピリチュアル ブログ 知恵

稲荷神社が怖い・稲荷神社には行かないほうがいい?

お稲荷さんには神道系と仏教系の2種類があり、神道系の場合は稲荷の後に神社・大社。

仏教系には神社・大社はついておらず○○稲荷となって、さらに詳しく正式名称を見ると寺がついています。

 

 

参拝前に、どんな神様がお祀りされているのかを調べてからの方が良いのですが、簡単に見分ける方法としては鳥居があれば神社だと思ってもらったら良いでしょう。

 

では、分かりやすく神道系・仏教系のお稲荷さんについて書いていきますね。

 

 

神道系

 

稲荷神社さんには狐の神様が祀られていると思っている人もいますが、正確には神様のお使い(眷属・けんぞく)が白狐であって、お祀りされているのは宇迦之御霊大神(うかのみたまのおおかみ)様という、五穀豊穣・商売繁盛の神様。

 

 

狐の姿をしているわけではありません。

 

有名なのは京都の稲荷大社さん。

 

千本鳥居(実際には一万本)の赤い色と自然の緑とのコントラストが美しく、夏にはライトアップしての夜間参拝もあるそうです。

 

 

 

油揚げをお供えする理由として考えられるのは狐が肉食に近い雑食であり、農作物を荒らすネズミを食べるので人々から有難がられていたからなのでしょう。

 

むかし、一部の地域ではネズミを油で揚げたものを狐の巣穴の前に置いておく風習もあり、ネズミの油揚げが現在の油揚げに変化したのだと思われます。

 

五穀豊穣の神様と、穀物を荒らすネズミを退治してくれる狐は理にかなった組み合わせですよね。

 

 

 

 

 

仏教系

 

仏教系のお稲荷さんで祀られているのも狐ではなくだきにてん様。

 

有名なのは愛知県の豊川稲荷さん。

プロジェクションマッピングなど、夜間参拝アートイベントも開催されていたようです。

 

商売繁盛・家内安全・福徳開運の御利益として全国に信仰が広がっていて、千以上の狐の石像が並ぶ霊狐塚は少し怖いと感じる人も多いようです。

 

 

元は豊穣の神様でしたが性や愛慾を司り夜叉へと変わっていったと言われていて、この女神様の乗った霊狐が稲荷神様の眷属と結びついたために稲荷神社と同一視されるようになったのでしょう。

 

 

やや気性の荒い女神様なので、神道系のお稲荷さんと一緒にされるのは快く思っていないように感じます。

 

信仰や参拝をされるなら、神道系・仏教系どちらかだけにした方が良いでしょう。

 

だきにてん様は厳しい女神様なので、救いや恩恵を受けたら必ず感謝やお礼のためのお詣りをしてくださいね。

 

 

稲荷神社が怖い
稲荷神社には行かない方が良い?

 

お詣りや信仰するなら神道系か仏教系どちらかにしておいた方が良いでしょう。

狐の神様なので見返りを要求される・お供えをしないと祟られるなど言われているようですが、そんなことはありません。

 

でも、手入れのされていないお稲荷さん・由来の分からない祠には行かない・手を合わせない・お願いをしない方が良いですよ。

 

そういう場所でお願いをすると低級な霊が神様になりすましていたり、我欲によってできた心の隙間につけ込まれることがあります。

 

お稲荷さんは怖いから避けるという方もいますが、相性のようなものもあるので気乗りしないなら行かないに越したことはないし、他の人にとっては良い場所が自分にも良い場所だとは限らないですからね。

 

 

あの人が行っている場所だから行く・むやみに怖がるのは必要はありませんが、参拝する前に伺う寺社さんを調べてから行くことも大切です。

 

 

これは私個人の考えなのですが、夜間参拝のイベントやライトアップなどは人間の都合。

 

本来なら人が入るべきではない時間に参拝するのは避けた方が良いと思っています。

 

 

大晦日や夏祭り・秋祭りなどの縁日は出店が並ぶ日として認識されていますが、本来は神仏様の降臨など縁(ゆかり)があって祭や供養をしたり、神仏様とご縁を結ぶ日。

 

本来の意味からかけ離れたものをイベントとして楽しむだけでなく、無宗教でも良いので信仰や祈りが神仏様のチカラとなることで更に導きを得られるのだと心の隅にでも留め置いていただきたいと思います。

 

 

▼神社さん関係の記事はコチラ▼

神社のお下がりでいただいた物(撤饌)の処分方法

スピリチュアル 知恵

2021/11/28

神社に社務所がない!お札をいただけない時どうする?

神社さんなどでお札をいただこうと思っても、社務所がない!そもそも人がいない!時。 お札をいただくのは諦めないといけないの? お札をいただく方法はあるの?というご質問をいただきました。   分からないことがあれば神社庁に電話して聞くのが一番です。   神社庁に問い合わせる 社務所がなかったり、無人の神社さんは近隣の神社の神職の方が兼務している可能性が高いので、まずは神社庁に問い合わせてみてください。 兼務されている神職の方がいらっしゃる神社さんだったり、連絡先を教えてもらえるでしょう。 ...

ReadMore

スピリチュアル 知恵 開運

2021/10/20

土用の由来と、土用にやってはいけない事・やった方が良い事

土用といえば、丑の日に鰻を食べる行事のように知れ渡っていますが、実は一年間に4回・合計すると72日間もあり、やってはいけない事もあるのです。   土用期間は、土公神(どくしん・どこうしん)様という神様が土の中にいらっしゃるので、土を動かすと怒りに触れて災いが降りかかるとも言われています。   しかし農業や建設関係の方は18日間も仕事をしないわけにはいきませんよね。 土公神様は18日間ずっと土の中にいらっしゃるのではなく、天界に上がるタイミングである間日(まび)を利用したり、あえて土用期 ...

ReadMore

スピリチュアル ブログ 知恵

2021/10/18

3点グラウンディングとセンタリングのやり方・注意点

地球の核に繋がるグラウンディングと、宇宙の中心と繋がるセンタリング どちらが大切か、どのようにやれば良いのか さらにグラウンディングとセンタリングが出来ているかの確認方法と注意点があるのをご存知ですか?     グラウンディングのやり方 グラウンディングとは自分のエネルギーを大地と繋ぎ、現実を生きる(地に足をつける)ためのもの。 三次元レベルの意識強化となるので、現実逃避のためのスピリチュアル依存になるのを防ぎやすくなります。   一般的なグラウンディングの方法は、足を肩幅に ...

ReadMore

スピリチュアル ブログ メンタルヘルス

2021/10/7

やる気が出ない・燃え尽きてしまう前に試してほしい3つの方法

どんなに疲れていても家事の手を抜けない・責任感が強い・真面目・頑張っている人ほど、自分が頑張り過ぎていることに気づかないものです。 急に何もやる気が起きない状態(限界に達する)まで放っておくと、元の状態に戻るのに時間がかかってしまいます。   さらに、元の状態に戻るまでの間に罪悪感や自己否定が潜在意識に刻み込まれてしまうことがあるので、少し疲れたと感じた時点で休息をとることが必要です。   今までは多少無理しても、寝れば元気を取り戻すことも多かったかもしれませんが、自分では気づかないほ ...

ReadMore

スピリチュアル ブログ 知恵

2021/9/5

パワーストーンの正しい処分方法と、絶対にやってはいけない3つの捨て方

パワーストーンを使ったアクセサリーやブレスレットが不要になった時、どのように処分していますか?   パワーストーンには特別なチカラがあるので普通にゴミとして捨てるのはかわいそう・バチが当たりそうなので捨てるに捨てられないという方が間違った方法で処分しないためにも、絶対にやってはいけない3つの捨て方・パワーストーンの正しい処分方法を紹介しますね。     絶対にやってはいけない3つの捨て方   ネットで調べると一番多く出てくるのは「自然に還してあげましょう」というもの ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

桂川ゆり子

レイキ伝授とヒーリングセッションで悩みや不安を希望に変えて、開運に導くスピリチュアルヒーラー 見えない世界の影響を現実に落とし込み、未来への確かな歩みへと導く知恵としてのスピリチュアルをお届けしています。

-スピリチュアル, ブログ, 知恵

© 2021 スピリチュアルヒーラー 桂川ゆり子