スピリチュアル ブログ 知恵

パワーストーンの正しい処分方法と、絶対にやってはいけない3つの捨て方

2021年9月5日

パワーストーンを使ったアクセサリーやブレスレットが不要になった時、どのように処分していますか?

 

パワーストーンには特別なチカラがあるので普通にゴミとして捨てるのはかわいそう・バチが当たりそうなので捨てるに捨てられないという方が間違った方法で処分しないためにも、絶対にやってはいけない3つの捨て方・パワーストーンの正しい処分方法を紹介しますね。

 

 

絶対にやってはいけない3つの捨て方

 

ネットで調べると一番多く出てくるのは「自然に還してあげましょう」というもの。

 

長い年月をかけて鉱物が混ざり合ったり、熱で結晶化したのがパワーストーンですが自然のエネルギーが物質化したようなもの。

まさに自然の軌跡と神秘です。

 

内に秘めたエネルギーが強いからこそ多くの人のこころを掴み、願いを込めて身に着ける方が多いのでしょうね。

 

しかし、自然の摂理というか全ての物には終わりがあります。

 

人の手によって加工されたパワーストーンも例外ではなく、役目が終わると割れたり紛失することもあります。

 

大切にしていた物ほど手放しづらいですが、感謝をしてきちんと送り出すことが大切。

 

 

では、絶対にやってはいけない3つの捨て方とは。

 

 

山に埋める・御神木の根元に埋める

自然に還すというのは耳障りのよい言葉ですが、不要になった物を自分の土地ではない場所に埋めるのは不法投棄と同じです。

 

特に、あなたを守って身代わりとなった石を埋めるのは、その場所のエネルギーを乱すことにもなります。

 

もちろん御神木の根元は、もってのほか!

神様の家である神社さんの敷地内に、勝手に穴を掘って埋めることのないように。

 

自分の家の庭に、勝手に埋められたらどんな気がするでしょう?

 

 

 

川に流す・池や海に沈める

綺麗な水の中でゆっくり休んでほしいという気持ちも分かりますが、水辺の環境破壊になる可能性も考えられます。

 

かなり確率の低い事ですが、魚がパワーストーンを飲み込んでしまうかもしれないですからね。

ブラゴ三や釣り糸はダメで、パワーストーンは良いということはありませんよね。

 

かなり前ですが、パワーストーンの処分業者が沖縄の海に不法投棄していたことがありました。

 

依頼する側は不法投棄されているとは思いませんよね。

しかし、最後まで自分の手で行うことで、こういった自然破壊は減るでしょう。

 

 

古札所に入れる・お焚き上げに出す

神社さんの古札所は、お札や御守を返す場所。

自分の不用品を入れる場所ではありません。

燃えない物を入れるのは迷惑になるのでやめましょう。

 

燃え残った物を処分するために、手を煩わせていることも忘れないようにしたいですね。

 

 

 

スピリチュアルは特別なことをするという意味ではありません。

 

一般常識を逸脱した行為がスピリチュアルの品格を損なわせてしまうので、耳障りの良い言葉・スピリチュアルっぽい言葉に惑わされないようにしてくださいね。

 

 

 

パワーストーンの正しい処分方法

 

パワーストーンといえど、必要のなくなった物・使えなくなった物は自治体の区分に従って、ゴミとして処分してください。

 

大きさや地域によっては不燃ごみや有料での引き取りになる場合もあるので、電話で確認するのが確実。

 

パワーストーンを買ったお店で引き取ってくれることもあるので、購入前に確認するのも良いですね。

 

 

 

ただ、ごみとして処分することに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

 

今まで守ってもらったり、サポートしてくれたパワーストーンなのに、必要なくなった・割れたからといってすぐに「サヨナラ」できない気持ちも分かります。

 

 

しかし、役目の終わった者を持ち続けるのはエネルギー的にも良くないので、きちんとお礼の気持ちを込めて浄化してから捨てましょう。

 

 

パワーストーンの処分前の浄化法と捨て方

①粗塩に一晩、埋める

②翌日、流水で洗って綺麗に拭く

③ありがとう・おつかれさま等、感謝やねぎらいの言葉をかける

④白い紙(半紙やコピー用紙)に包む・白い封筒に入れる

⑤自治体の区分に従って捨てる

 

 

ジオード・置物のパワーストーンで、粗塩に埋めたり流水で洗えない場合はホワイトセージの煙に当てたり、柔らかい布で綺麗に拭きましょう。

 

上記以外に、月の光に当てるなどを組み合わせても良いですよ。

 

手放す前の浄化法は1つとは限らず、気持ちの整理も兼ねているので他の浄化法と組み合わせても大丈夫です。

 

▼どうやって捨てたら良いのか迷いがちな物の捨て方シリーズ▼

雛人形を処分したい!バチが当たりそうで怖い方にもオススメの処分方法

神社のお下がりでいただいた物(撤饌)の処分方法

オラクルカードの選び方と処分方法(捨て方)

お札や御守りの効果は約1年。その後の処分(返納)方法

 

スピリチュアル 金運アップ 開運

2022/1/21

護符の扱い方と処分方法

護符は、人知を超えた天界からの贈り物 昔から人は行き詰ったり、強く願う事があると神仏様にお願いしてきたように、目で見ることも耳で聞くことも、手で触れることもできないけれど私たちの人生に作用する人知を超えた大きな存在があることを感覚で知っています。 しかし神仏様に感通する方法を知らなければその願いが聞き届けられるとは限らないため、神仏様の御加護を文様化して宇宙の神秘的な力に感応させて、あなたの願いを神仏様へ届けて具現化する導きとなるのが護符です。   人は宇宙の縮図であり、偉大なる宇宙の一部として ...

ReadMore

スピリチュアル 知恵 開運

2021/12/27

おみくじの引き方・自分に必要なメッセージ(ご神託)を受け取る方法

おみくじを引く時、なにを考えながら引いていますか? 左手と右手、どちらの手で引いていますか? おみくじは神様からのメッセージ(ご神託) 自分だけのメッセージをしっかりと的確に受け取るための方法を紹介しますね。   ご神託を受け取るための、おみくじの引き方 まずはご挨拶が先なので、おみくじを引くのは参拝が終わってからです。   ①何に対してのメッセージやアドバイスが欲しいのかを明確にする。 ②心の中で、明確にした想いを唱えながらおみくじを引く。 ③おみくじを開いて見る前に一旦、目を閉じる ...

ReadMore

スピリチュアル 知恵

2021/12/24

2022年 新月・満月カレンダーと月のエネルギー変化でのオススメな行動

月の満ち欠けで体調や感情の変化など影響を受けやすい方や物事のタイミングを合わせて行動したい方は、月の満ち欠けを一年の流れで把握しておくと事前に準備や行動計画を立てやすくなり、手放し・断捨離やダイエットを始めるタイミングなどに活用することができます   月の満ち欠けとエネルギーの変化 満ち欠けとともに月のエネルギーも変化していきます。   満月の日は出産が多いという俗説もありますが、月の引力で海の満ち引きが変わることを考えると、海水と似た成分の羊水も影響を受けるのかもしれませんね。 &n ...

ReadMore

スピリチュアル 知恵

2021/12/14

お札や御守りの効果は約1年。その後の処分(返納)方法

神社さんに参拝した時に授かった御札や御守り、ずっと持ったまま・置いたままにしていませんか? お札や御守りの効力は約一年、またはお札や御守りのおかげで難を逃れられた・願いが叶ったと感じた時が返納のタイミングです。 引き出しの中にしまったままであっても一年が経過したものは返納しましょう。     とは言っても、御守りを授かった神社さんに返しに行けない時は? 自分で処分しても大丈夫なのか? そのまま捨てて、バチが当たったらどうしようと思う方もいるのでは? 古い御守やお札の処分(正しくは返納) ...

ReadMore

お知らせ

2021/12/13

2021年 冬季休業のお知らせ

いつもお世話になっております。 誠に勝手ながら下記日程を冬季休業とさせていただきます。 2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)   期間中は商品のご注文ならびにメールなどのお問合せは受信のみとなります。 商品発送・お問い合わせへの返信は2022年1月4日より順次させていただきますね。   寒さ厳しき折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。   12月28日中にお支払い確認ができた場合は年内に発送させていただきます。   ▼浄化香▼   ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

桂川ゆり子

レイキ伝授とヒーリングセッションで悩みや不安を希望に変えて、開運に導くスピリチュアルヒーラー 見えない世界の影響を現実に落とし込み、未来への確かな歩みへと導く知恵としてのスピリチュアルをお届けしています。

-スピリチュアル, ブログ, 知恵

© 2022 スピリチュアルヒーラー 桂川ゆり子